取り組みの背景取り組みの経緯
●取り組みの背景

 水俣市の「たまねぎ」は、昭和36年に水田裏作の麦に代わる安定的な作物として、栽培者の10名・栽培面積0.8haから始まった。昭和41年に水俣市の三農協が合併し、水俣市農協が誕生。二年後には生産者40名・栽培面積4.2haとなり、たまねぎ生産部会が設立された。以来、順調に部会員・栽培面積ともに増加し、昭和57年には15haを突破、県の指定産地に認定された。
 平成5年にJAあしきたが発足し、平成7年4月には部会の念願だったたまねぎ選果場が総工費約2億5千万円で水俣市大迫に完成した。これにより調整・出荷作業の省力化・合理化が実現し、さらに栽培面積拡大に拍車がかかった。
 平成8年度には国の指定産地となり価格の安定が期待されている。また平成9年から熊本型特別栽培農産物「有作くん」を、平成13年からエコファーマーを申請し、現在は全生産者が認定されている。
 このような中で平成16年度は、生産者160名、栽培面積約80haとなった。





●取り組みの経緯
(1)たまねぎ選果場の完成で、圃場での天日乾燥、根と茎の切り取り、
  土落とし、外皮除去、規格別の選別、箱詰め等の作業に省力化された。
(2)国野菜指定産地の価格安定事業に取り組み価格安定に役立った。
(3)平成9年にたまねぎ加工施設が完成し、規格外品をカット野菜として出荷できる
  ようになり販路が拡大した。
(4)は種作業機・マルチャー・半自動移植機回転式穴あけ機等の導入と共同育苗により
  作業の省力化が進んでいる。
(5)環境にやさしい農業の推進によるたまねぎの産地拡大が、地域活性化に寄与して
  いると高く評価され、平成9年度第3回全国環境保全型農業推進コンクールで、
  農林水産大臣賞を受賞した。
(6)集荷コンテナの利用、運送業者との契約による集荷で効率的な作業をおこなって
  いる。

上へ戻る↑


あしきた農業協同組合
〒869-5441 熊本県芦北郡芦北町大字佐敷424
TEL:0966-82-2515(代) FAX:0966-82-2673