エコファーマーにより栽培サラたまちゃんの生い立ち

●エコファーマーにより栽培



 クリックすると、拡大表示されます。
「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律」
に基づいて熊本県知事より認定を受けた農業者(愛称:エコファーマー)により、土づくり、化学肥料・化学合成農薬の使用量削減に取り組んでいます。
 第3回環境保全型農業推進コンクールで、日頃の環境に優しい農業の実践が評価され農林大臣賞を受賞しました。


●サラたまちゃんの生い立ち
8月〜9月→
「苗床の太陽熱消毒」

土壌消毒は除草剤を使用せずに、 太陽の熱を利用した環境に優しい消毒を実施しています。

←9月中旬〜下旬
  「種まき 」

10月中旬「土づくり」→

地元堆肥センターから良質の完熟堆肥を土壌診断に基づいて、土づくりを実施しています。

←11月中旬「 定植 」

マルチ栽培を行い除草剤を
一切使用していません。
生育中に発生した雑草は大変ですが、草払機、手作業で除草しています。

3月〜6月「収穫」

栽培期間を通して、
農薬の散布は毎月1回までとしています。
小学校、修学旅行生等の
体験学習も実施しています。



←たまねぎ選果場

手塩にかけた商品は「サラたまちゃん」の 名前で全国各地へ「春の使者」として 出荷されています。

 


あしきた農業協同組合
〒869-5441 熊本県芦北郡芦北町大字佐敷424
TEL:0966-82-2515(代) FAX:0966-82-2673